忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】



家内の両親は熊本で「文化堂製菓」という和菓子の卸し屋を営んでいたのですが、79歳で病のために閉店して、私たちと同居を始めました。
同居し始めてからも父は店のことが忘れられず、サラリーマンの私の生活がつまらないものと見えたらしくさびしそうでした。
「サラリーマンはばからしか」とささやくことがよくありました。
父は製菓業を続けたいのだな、と思いましたが私にはできませんから、自分でもできる仕事を考えました。
世間で通用する自分の能力は何があるかを考えた時、私は趣味でやってた「釣り」しかなかったのです。
そこで、父のさびしい思いを慰めようとお店をすることにしたのです。
そして屋号を「文化堂釣具店」としました。
「お父さん、文化堂のお店ができましたよ」と店に連れて行きまして、見せました。
そのときの父のうれしそうな顔をいまだに忘れられないし、それを励みに16年間続けました。
今はその父も他界しました。
今日で閉店します。

昨年来、私の腰痛がひどく、遊漁船も出せない状況が続いたのがきっかけで 売り上げが激減したのが原因です。いつかは閉店しなければならなかったのですが・・・できたらあと2~3年。
今朝も、私が店に来たら中学生4人が暗い中で待っていてくれました。
「ごめんねー、今すぐあけるからね」といいながら、店を開けました。
自転車で来るお客さんには、閉店することがこの先この子たちには釣具店がこのあたりにはないので不便になるだろうと思うと、気が重くなりました。
 
明日から後片付けをしますが、息子が「父ちゃんはじっとしておけ、腰が痛くなるぞ」とうるさいのです。
まだまだ子に従う歳ではないと思いながらも、叱られながら従うことにしました。
今日で在庫売り尽くしの安売りも終わりです。まだまだ売れ残りがありますが仕方がありません。
完売したかったのですがねー。人間の欲にはきりがありませんから、このあたりですべてあきらめようと覚悟しました。
長い間、多くのお客さんに支えられながら、家内といっしょに楽しい思いをたくさん頂きました。本当にありがとうございました。【K・秀之】
PR
前の記事ドジな話
次の記事19の春♪関東から発信
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード