忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


        
2日前にブログに載せた、団地内の公園の桜が今朝、満開になっていた。

気象庁によると、桜の満開は例年より1週間ほど早いようだ。
今日は4~5月並みの気温となり、23℃まで上がりそうである。
今朝の散歩では、汗がにじみ出てきた。

花の命は短い.....あと2~3日で散り始めることになるだろう。
風に煽られて桜の花が舞い散る『花吹雪』という、現象も見られるようになる。
日本人は桜の『花見』はするが、梅の『花見』はしない.......よほど
桜の花が好きな国民らしい。

日本には古くから『サクラサク』とか『サクラチル』という短い言葉がある。
これは桜の花を用いた日本語の独特の言い回しであり、大学入試の合否を知らせるための電報文体のひとつとされている。
桜の花が咲くころに、大学入試等が時期的に合致することも含まれているようだ。

日本語表現辞典等によると......
『サクラサク』は、
(1)桜の花が咲くこと。桜の開花。めでたい事の象徴として用いられることがある。
(2)受験において志望校に合格すること。受験に成功すること。

一方の『サクラチル』は、『サクラサク』の対義語で、大学入試などに失敗したときや、悲しいときなどに使う。
また現在の俳句の季語で『花』と言えば『桜』をさすようだ。

それにしても、このような時節の言葉を考え出す日本人は賢いんだなぁ~.....【K-正人】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 17 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
来訪者数(カウンター)
ブログ内検索
画面編集変更(RSS)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
バーコード