忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




北九州では局地的ゲリラ豪雨で甚大な被害が発生している。
幸いなことに同級生宅には被害がなかったようだ。

愛知県西部と岐阜県堺の『犬山市付近』では、北九州地方同様の局地的ゲリラ豪雨に見舞われている。
小さな川が氾濫して大変なことになっている。
人間の衆知を結集しても大自然の猛威には太刀打ちできない.....。

一方、私の住んでいる知多半島地区では、全く雨が降らない『空梅雨』である。
まだ『梅雨明け』していないのに、熱い・暑い毎日が続いている。
お陰様で3日連続で眠れない熱帯夜で悩まされている。

我家の『みどりのカーテン』は、空梅雨にも負けず順調に生長してきている。
昨年の同時期のブログを見ると、ほぼ同じような成長ぶりである。
ところが、今年はゴーヤの『花』が『実』にならないで、雌花が萎んでしまう現象が起きている。

その原因は明らかである。
『ミツバチ』や『蝶』が全く飛んでこないのである。
一方、花には『虫媒花』と『風媒花』があるが、『風媒花』のほうが圧倒的に多い、とも言われている。
しかし、その『風』もあまり吹いてくれない?のかな?

そこで最近は、雌花を見つけて『人工授粉』を心がけているので、結構『実』を結ぶようになった。
よく見ると雌花は、花自体が小さくて目立たなくて、2~3日で萎んでしまう.....かなり寿命が短いようだ。
それに比べると雄花は、花も大きくて華やかで1週間から10日間位は元気に咲いている。

人間社会とは異なり、その華やかさを武器に『客寄せ』が目的のようだが、その肝心の『客(ミツバチ)』が飛んでこない。
確かに『ミツバチ』の個体数が激減しているようだ。
その『ミツバチ』がいなくなると、人間は滅亡するとも言われている。(下記関連記事)

>>『ミツバチがいなくなると人類は4年以内に滅びる』(アインシュタイン)という。
これは「もしミツバチが地球上からいなくなると、人間は4年以上は生きられない。ミツバチがいなくなると、受粉ができなくなり、そして植物がなくなり、そして人間がいなくなる」<<
ということらしい。=関連記事はインターネットから借用。【K-正人】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード