忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




兎に角歩く事は良いらしい。
テレビを見ても病院に行っても口をそろえて「歩きなさい 歩きなさい」と言う。
運動不足の私は最近太り気味だ。
足が痛くなったなどと言って歩かないうちに、私の体は「まだ成長するの?」と訊いてみたいほど膨らんできた。
アチコチの脂肪の塊を見ながら溜息をつく毎日である。

さて、昔歩いた『歩き遍路』はさすがに凄かった。
『遍路ころがし』と呼ばれる難所がいくつかあった。
名の通り遍路を転がすような急峻な遍路道の別称である。
この事は次の機会に..... 素晴らしい旅の記憶がある。
歩き遍路だからひたすら歩いて廻る。
四国は山が多いので、山歩きは半分以上あった。
一山越えて二山越えて三山目の中腹にお寺があったりした。
こんな時は絶対歩ける自信が無くては参加できない。
 山の中で具合が悪くなっても、自力で脱出しなければいけない過酷な旅である。

遍路が白い服を着るのは『死に装束』であるし、杖に所と名前を書くのは『墓標』になるからだ。
昔の旅は命がけの修行だった。
今は救急の体制があるはずだから何とかなるのだろう。
ある時、山の尾根をたった一人で歩いたことがある。
10数名の遍路の列は、体力の差や気力の差などから、次第に間隔が広がって行く。 
私なりに一生懸命歩いているのに、気が付くと前も後ろも誰もいなかった。
人の声も聞こえない。草をかき分けながら歩くのは私たった一人であった。
四国の深い山の尾根をひたすら一人で歩いて行く。
その日は天気も良く気候もいい時期だった。 
後方には先達もいるので、不安も無く寂しいとも怖いとも思わなかった。 
時折聞こえる鳥の鳴き声や、谷から吹き上げてくる風に汗ばんだ体が癒される。

世知辛い(せちがらい)世の中の動きも、自分の心にある不平や不満もすべて払拭された。 
頭の中は空っぽになった。只吹く風の心地よさに身を任せながら歩いた。
吹いて来る心地良い風だけなのに、私の心はなんと幸せに満たされていた事だろう。
誰もいない.....大きな声で歌いたいような気分だが歌わなかった。 
歌っても誰にも聞こえない安心感は心の洗濯だったかもしれない。   
私は歩きながら考えた。人間はどうして束縛の中で生きているのだろうか。
暮らし易い為、生き易い為に出来た決め事(法律)が多すぎる世の中だなぁ~。 
せめて心の中だけでも自由に愉しい事を思いながら過ごしたいものだと.....。

一人遍路は寂しげに見えるが、体験してみるとそうではなかった。
決して孤独ではなく、寂しくも無く、満たされた心とともに歩いているのだと思った。
今も懐かしくあの時の事を鮮明に思い出す。
あの尾根を歩いた時の爽やかな、心地いい風の囁きは何年経っても癒されるのである。
遍路は決して一人ではない『同行二人』......傍には必ず弘法大師様がいらっしゃるのだから。
皆守られて生きている。【H・靖子】

【写真】朝の散歩の途中の公園で見つけた棕櫚(しゅろ)の木。
この棕櫚の木の『枝』で『蝿叩き』を作っていた。
更に、この木の皮を剥いて『わらっごろ』で叩き、皮を繊維だけにして『棕櫚縄』を編んだ記憶がある。
この『棕櫚縄』は『藁縄』よりも数十倍強かったし、水に濡れても腐るようなことはなかった.....。
『棕櫚縄』は、今でも庭師が樹木の支柱などを縛り付けるのに使っている。
最近は棕櫚の木の手入れもされてなくて可哀そうである。【2017.6.14撮影】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 7 9 11 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード