忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


 

今年の桜は何と気を揉ませた事でしょう。
開花情報が報じられてから約1週間で満開となるのが普通なのに、その頃は信じられないくらいの寒波に見舞われて終いかけたストーブを出してしまいました。

外に出る体力も、気力もないまま窓から外を眺めていました。
窓の外と言っても隣家の壁とその内側に、猫の額もないほどの隙間に2~3種類の花を植えているだけで、変わり映えのしない風景です。
でもいつの頃からか、どこから飛んできたのか解りませんが、日本タンポポの黄色い花が春を運んでくれます。

三浦綾子の小説の中に「北国の長い冬が終わると一番先に咲く花が黄色い色をした花だ」と言う下りがありました。 
気をつけてみるとタンポポは勿論、菜の花やレンギョウなど、まさに黄色い花は明るく春を代表する色だと思いました。
今日は少し 出かけて見ようと言う気持ちになりました。
少し肌寒い曇天の外に出ました。 
いつもの散歩コースを抜けてようやく目的地の公園に着きました。
桜は先日来の寒さにもめげず今満開を迎えていました。
例年に比べて数日遅いようです。
時折、鳥の鳴き声が聞こえたと思うと、今度はベビーカー(昔は乳母車と言った)を押した若いママが、ヨチヨチ歩きの子供の手を引いて散歩しています。 
「あ~昔の自分の姿だな」と少し感傷に浸り自分の人生を振り返ったりしました。

帰り道小川に桜の花びらが浮いて流れていました。
この満開の桜が花吹雪となって散るのも目に見えています。
川面を流れる花びらを『花筏』と言うのだそうです。
日本人は消え行くものにも心を寄せるなんと情緒豊かな民族なのでしょうか。
私も今日の一日を大切に生きていこうと思いながら公園を後にしました。【都 わすれ】

 ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~
大分同窓会情報・近況報告&コメント
【Y-国春  欠席します】 小林市野尻町 4月14日着
返信が遅くなって申し訳ありません。
迷っておりましたが、どうしても参加できません。
皆で楽しんで下さい。又、会える日を楽しみにしております。

【T-ノリ子 欠席します】 宮崎市清武町 4月08日着
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード