忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




一昨日の夜から当地中部地方でも初雪が降った。
その積雪量は5~6cmになっている。
写真は15日早朝、団地内の公園と我が家のベランダからの雪景色である。

先日(11日)、大分在中のK-秀之君からメールが届いた。
そして、昨夜も名古屋在住のS-シマエさんから電話があった。
いづれも我々夫婦の健康状態を気遣っての内容であった.....同級生なればこそで大変有難いことである。

悪いことは重なるようだ.....
実は、昨年末(22日)に妻の実家で『不幸』があり、同級生や友人の皆さんへの年に1度の年始の挨拶(年賀状)は控えていたところである。
その1週間後の29日の夕方から、一番恐れている病魔が襲い掛かってきて、正月5日間寝込んでしまった。
この病魔は『腸閉塞(ちょうへいそく)』という厄介な病気である。
これはその字の如く『腸』が閉塞状態(詰まる)に陥り、”食べた物” や ”便” が腸に留まってしまうので、その痛みや苦しみは筆舌に尽くし難いものであり、体験した者にしか分からない疫病である。
まさに『七転八倒』という表現がぴったりである。

腸閉塞と開腹手術の因果関係......
今から40年前(31~2歳の頃)に『十二指腸潰瘍』で胃を3分の2ほど切除している。
胃の切除を行う場合、腹を切り開いて(開腹手術)邪魔になる内蔵(腸など)を、一時的に腹の外に取り出して胃の切除手術を行う。
胃の患部の切除が完了した時点で、取り出していた内蔵(腸)を腹の中に詰め込み、切り開いた腹を縫合して手術が終わる。
内臓などを腹の中に詰め込む際に、腸と腸の間隔が狭くなったり、腸が折れ曲がったり、ねじれたりして『腸の癒着』などが起こるようだ。
この癒着部分の腸が圧迫されたりして、腸内に食べた物などが詰まってしまう現象が起こる。
これが腸閉塞と呼ばれるもので、開腹手術が誘発させている可能性が高いと言っても過言ではない。

過去にも2回、腸閉塞を患っている.........
以前発症した時は、絶食と点滴で10日間ほど入院して治癒した経験がある。
その症状の現れ方は、突然、激しい腹痛と吐き気・嘔吐が起こり、玉のような脂汗が出てくる。
前回発症したときに撮影したレントゲン写真には、腸の中に5~6cmの黒い影が3~4か所に離れて詰まっていた。
その黒い影との間には白い靄(もや)みたいなものが充満していた。
この『黒い影』は ”便” で『白い靄』は ”ガス” だという。
この ”便” と ”ガス” が、腸の外に出ない限り腹部の激痛は治らないのである。

腸閉塞には絶食が一番である......
年末の29日に症状が出始めたので、その日から絶食を始めた。
胃の中に食べものを残すと、必ず胃の中のものは総て嘔吐することになる.....これが非常に苦しい。
絶食を続けている3日目(元日の早朝)就寝中の2時半に、想定していた嘔吐が始まった。
嘔吐の吐物は、1回目は胃液だけだったが、2回目は胆汁(黄色で苦い)交じりの胃液が出てきた。
私の場合は、嘔吐してしまえば峠は越えたことになる。
そのあと(1~2日後 ) ”便” や ”ガス(おなら)” が出始めると完治となる。
結局、2日の夕方までの4日間を絶食した効果が表れた.....正月早々入院騒ぎには至らなかった。
慢性化してしまった私の腸閉塞......今後も仲良く墓場まで付き合っていくことになるだろう。【K-正人】

【参考】下記URLは腸閉塞に関する医師の見解が記載されています。
 http://www.skincare-univ.com/article/012298/

PR
前の記事爺の企み.....!
次の記事今年もよろしく!!
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード