忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


 

世の中には、何時の時代にも『他人の褌で相撲を取る』という諺のように、他人が開発したブランド品を悪用して、金儲けを企む悪い奴らが後を絶たないようだ。
世界的に有名な『エルメス』などや『ルイヴィトン』のようなブランド品には、蟻が砂糖に群がるようにあの手この手で偽物を作って販売している。
ある国では、日本人観光客に「偽物のルイヴイトンのバッグ要りませんか~ シャネルの偽バッグもありますよ~」と、日本語で客引きしているという情報もある。

一目で偽物と分る粗悪な偽物もあれば、精巧に作られていて偽物かどうかの判断できない物もあるようだ。
5~6年ほど前から、日本の製品も世界レベルまで上り詰めたブランド商品がある。
日本の有名なスポーツ用品メーカーが、苦労して開発したヒット商品に『偽物』が出回っているという。
ヒット商品.....それは『ゴルフクラブ』である。
有名一流メーカーの『ロゴマーク』まで全く同じものらしいので、初めて見る人は本物か偽物かの区別ができないようだ。
これが、インターネットで格安(2~3割引き)に購入できるとあって、多くの人が偽物を掴まされているらしい。
格安で購入した人も、それが偽物だとは気付かないで使っている人もいるようだ。
むしろ、「格安で入手できた!」と喜んでいる人もいる。

 

写真は『ミズノ社』のゴルフクラブである。(インターネットから借用)
いずれも左側の
写真が『本物』で、右側の写真が『偽物』である。
どっちがどっちか全く見分けが付かない。
素人考えだが、写真で見る限りでは、形状も寸法も全く同じようなので、多分、同じ『金型』で鍛造したのではないかと推測している。
もし、同じ『金型』でないとすると、金型を作るだけでも相当な技術の持ち主なのではないだろうか。
その技術を正当に使えば、もっと違う道が開けるはずなのに......勿体ないハナシだなぁ~。


これからゴルフクラブだけは、本物か偽物かを見抜けるように勉強していきたいものであるが、果たしてどうなることやら.....。
下記のURLは、偽物のゴルフクラブの代表例である。 一部外国製の偽物もある。
 
http://www.melsa.info/mizuno/imitation/imitation.htm
上記URLの画面の写真左上の『MPクラフトT1』をクリックするとドライバーの偽物。
同『MP-62』をクリックするとアイアンの偽物が表示される。

https://www.golfdigest.co.jp/digest/column/back9/2010/20100817d.asp
上記URLは、現在私が使用中のドライバー(XXIO)と同じものだが、偽物ではないと信じている。

http://ameblo.jp/golf-jg7/entry-11931593348.html

http://blog.golf-okamura.com/?eid=1104751

このような偽物を掴まないように心がけたいものである。
特にインターネットでの購入には注意すべき.....。
まだまだ他のメーカーにも偽物が存在するようだ。これは氷山の一角かも知れない。【K-正人】

【その他の偽物】ミズノ製品ではJPXシリーズ、MXシリーズ、MPアイアン全般、MPクラフトT1、R1などの報告があります。
また他社では、大手シャフトメーカーのシャフト、テーラーメイド、キャロウェイなども多くあるようです。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード