忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


  
  
もう10月だと言うのに夏の話で恐縮です。 
今年の夏は胡瓜が大豊作でした。
トゲトゲのある瑞々しい胡瓜は本当に美味しくて塩をつけてポリポリ食べたり、ポテトサラダや酢の物など夏には欠かせない食材です。 
でも多すぎるのも良し悪しで、近所に配るのも「いつも同じ物ばかりで有がた迷惑では?」と余計な気を遣います。 

実がなりだすと容赦なく毎日毎日大量に収穫できて、本当に困りますがこれが贅沢な悩みであることは判っています。
一日採るのを忘れると2倍ぐらいに大きくなって種が入り、皮も少し固くなって自家消費しなければなりません。 
2人所帯でオマケに老夫婦ときているからそんなに食べれないのです。
「Qチャン漬け」も作りましたが毎日は食べられないものです。

ある日、調理し易いようにスライスして塩を少々振って保存袋に入れ冷蔵庫に入れておきました。
使いたい時にいつでも使えて保存もきいて重宝しました、がそれでも1袋が2袋に2袋が3袋にだんだん増えていきます。
あ~何とかしなければ......そこで閃きました「Qちゃん漬けも最後に煮て味付けするから胡瓜を固く絞って味をつけてみよう」と、 私の得意は手抜き料理です。 

砂糖、醤油、味醂、唐辛子などを適当に入れてグツグツ煮詰めてみました。
汁気がなくなるまで煮詰めると照りも出て佃煮が出来ました。
味は?「ウウ~~ン』『旨い!!』と絶句(少々オーバー).....ホントに美味しいときは言葉が出ないものです。
なんと美味し~い胡瓜のコリコリした食感と程よい甘辛の味が何とも言えない。
ご飯に凄く合います。これだけで「ご飯お代わり」ができます。
そしてお茶漬けにチョット、サラダにチョット入れたりレパートリーは広がりそうです。
佃煮にすると量がかなり減るので大量消費には持って来いでした。
出来上がりは小袋に入れて冷凍しました。
お陰で曲がった胡瓜も皮が固くなった胡瓜も皮を剥いてすべて無駄にすることなく使い切りました。
今までこのような発想が無かったのが悔やまれる程でした。
ところが考える事は皆同じと見えて、後日ネットで検索してみたら同じレシピが載っていました。 

プラムの時もそうでした。
近所の奥さんから「庭の木になったから食べてね」とレジ袋一杯戴きましたが、余りおいしくありません。
捨てる訳にもいかず手にとって「捨てようか」「いや待て」とゴミ箱の上を行ったり来たり。
プラムの身になってみれば「あっ!捨てられる」とヒヤヒヤしたに違いありません。
皮ごと鍋で煮てみると皮が煮溶けて種だけが残りました。
種を取り出して真っ赤になったシャバシャバの汁に砂糖を入れてジュースに、それを煮詰めてジャムを作りました。 
甘酸っぱい美味しいジャムが出来ました。
「ヤッター」と思ったのですが、これもネットに出ていました。
考える事は皆同じだな~と思うことでした。 【H・靖子】

【写真】 『きゅうりの佃煮』は、インターネットから借用しました。(ブログ管理者)

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード