忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




昨夜(8月12日)20時35分、Y-守男君の訃報が届いた。
第1報は福岡在住のM-民子さんからのメールだった。
その後15分位経ってから、守男君の奥様からの電話で詳細が判明した。
亡くなったのは8月12日の早朝(1時頃)だったとのこと。
「誰に知らせるべきか?....」恐らく最後の会話を交わしたであろう、K-秀之君に知らせるべきだと思い電話をしてみた。
秀之君にはすでにN-行雄君から届いていたようだ。
秀之君と二人で在りし日の守夫君を偲んでの思い出を語り合った。

昨夜、布団の中で守男君の『人となり』を考えていた。
守夫君は、我々同級生のことを最優先に考えてくれていたようだ。
守夫君はほとんどの同窓会に出席してくれていた。
私は大阪同窓会に4回ほど出席したが、その度に関東に住んでいるはずの守夫君が毎回出席していた記憶がある。
同窓会では何時もカメラを片手に写真を撮ってくれていて、出来上がった写真は参加者全員に郵送してくれていた。

10数年前からは、ビデオカメラも持参しカメラを回しっぱなしで動画も撮影してくれていた。
宴会の食事も摂らずに頑張ってくれていた光景が、今でもはっきりと瞼に焼き付いている。
勿論、時代に即した対応で「ビデオテープ」から「DVD」への切り替えも行っていた。
カメラワークとその技術力は、趣味の領域を超越したプロ並みの腕前であったことは言うまでもない。

そして直近の「古稀同窓会」では、動画にテロップを挿入するなど、素人では考えられないほどの手腕を披露してくれていた。
更に、パソコンにも人並み以上の興味を持っており、色々な専門知識を質問しては私を困らせていた。
これも二人の相互研鑽に繋がっていったことは言うまでもない。
大体、還暦を過ぎると細かなことや、面倒くさいこと、専門的な知識には目を背けるようになるのが普通なのだが、守男君は理解・納得するまで突き詰めていた。

今回も『Windows-10』への導入についての質問があり、「自分のパソコンは『Windows-7』のままで使い続けたい」という相談を受けていた。
そこで私は「入院する前にパソコンのLANケーブルを抜いていったほうがいいよ」というアドバイスをしていた。
そして、退院してからその具体的な対処方法を説明する手筈になっていたのに......残念な結果になってしまった。

結局、一晩掛かって夜が白々と明るくなっても、守男君の思い出を纏めることは出来なかった。
よく『走馬灯のように......』と表現するが、このことを実感した夜であった。
こんな纏まりのない文章で申し訳ない......

これで我々の仲間は112名の生存者となった。
寂しい限りであるが、そのうち我々もお迎えが来ることになるだろう。
故人のご冥福をお祈りいたします。合掌。【K-正人】

参考までに、我々同級生の情報によると、通夜は16日で告別式は17日とのことです。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード