忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




『ゴーヤは、整腸作用だけではなく糖尿病にも効果がある.....?!』

昨日、姪から「今年のゴーヤはどうですか?」という問い合わせの電話があった。
「残念ながら今年は、まだ雌花が咲かない状態なので、8月ぐらいになりそうだ!」と答えておいた。
この姪は妻の長姉の子供3姉妹の三女である。
勿論、この3人の姪達はそれぞれ結婚して子供もいる。
この母娘は、三女を除いて母娘3人(母、長女、次女)が『糖尿病』である。
ただ、不思議なことに、この三女だけが『糖尿病』を患っていない。

相違点はというと......この三女だけがずっと『ゴーヤ茶』を飲み続けていることぐらいである。
三女を除く母娘3人は『ゴーヤの苦み』が嫌いで見向きもしない。
この姪は「ゴーヤの恰好さえしていれば、どんな歪な物でもいいから捨てないで......」と言っており、ゴーヤの『種・ワタ』すべてを天日干しにして『ゴーヤ茶』を作り、1年間を通して飲んでいるようだ。

『もしかしたら、ゴーヤが糖尿病に効果があるのではないか?』という疑問が湧いてきたので、いつものようにインターネットで調べてみた。
すると下記のようなことが書いてあった。

>>最近の研究でゴーヤに含まれるさまざまな成分が、糖尿病予防に効果的だということが分かり、世界各国の研究者から注目を集めています。
” ゴーヤが血糖値を下げるのか ” という人体実験をした人がいました。
その人体実験とは......
『まず4人の人に、ブドウ糖溶液を100グラム飲んでもらいました。
すると通常の状態での血糖値は平均約94だったのが、ブトウ糖溶液を飲むと、30分後の血糖値は200を超えました。
次にゴーヤージュースとブドウ糖溶液を飲んで血糖値を測定してみると、30分後血糖値は約145とかなり低い値になりました。』という内容でした。<<

また別のWEBには......
ゴーヤは独特の苦味が特徴だが、その苦味成分は、①『モモルデシン』と②『チャランチン』という血糖値を下げる効果があるようです。

①『モモルデシン』 ⇒ 血糖値や血圧を下げ、食欲増進作用、整腸作用などがあることがわかってきました。
モモルデシンは、数種類のサポニンと20種類のアミノ酸などの機能性物質で構成されており、これを含む食品は、今のところゴーヤだけです。
ゴーヤチャンプルーなど、油を使って炒めた料理を食べると効率よく摂ることができます。
ゴーヤのモモルデシンは、胃を活性化して消化を助けるので、胃が弱ったときには最適な食品です。

②『チャランチン』 ⇒ 最新の研究ではこのチャランチンに血糖値を下げる作用が発見されたのです。
ゴーヤに豊富に含まれるチャランチンは、脾臓のベータ(β)細胞に働きかける事によってインスリンの分泌を促進する働きがあります。
そのため、チャランチンを摂取する事で血糖値を下げることができ、糖尿病を予防する効果が期待できるのです。

更に、ゴーヤには『コロソリン酸』も含まれています。
コロソリン酸は、別名、『植物インスリン』と言われています。
この成分は、インスリンに似たタンパク質です。
通常のインスリン注射では、時に低血糖が生じることがありますが、ゴーヤに含まれる植物インスリンの場合は、血糖値を安定させますが低血糖は起こさないようです。

下記のような紹介もありました。URLをクリックしてご覧下さい。
>>糖尿病がゴーヤを食べるだけで治りました。おすすめレシピも紹介します。<<
http://gotcha-note.com/goya_diabetes/  

糖尿尿でお困りの方、参考になればと思い紹介しました。
写真は我が家の「みどりのカーテン・ゴーヤ」です。
1枚目の写真は「ダンゴムシ」攻撃を受けて出遅れた南側のゴーヤで、2枚目の写真は西側の窓際に植えてあるゴーヤです。
まだまだ実は着きそうにありませんが、どうにか遮光効果だけは期待出来そうです。【K-正人】

【追記】 ” 知らなかったのは私だけ ”.......
ゴーヤの効能に関する記事をブログに載せた後、姪に電話して「ゴーヤは糖尿病に効果があるらしいぞ!」と得意げに教えてあげた。
すると姪は「私は知ってたよ。私は母や姉達のように糖尿病にならないように『ゴーヤ茶』を飲み続けているんだよ!」と言っている......。
” 知らなかったのは私だけ ”.......ちょっと恥ずかしい思いをした。
その姪も還暦を迎え、糖尿病適齢期でもある。
姪がこのまま糖尿病にかからなければ、きっとゴーヤの予防効果があったのだろう。
期待して見守りたいものである。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード