忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




以前、同僚ブログ『秀之の残日禄』に「『Windows-10』に切り替えたところ、写真機能の動きが悪くなった」との記事が掲載されてあった。
そこで、Kー秀之君に「まだ『Windows-10』に対応されていないプログラムが存在するので、『Windows-8』に戻したら....」とアドバイスしたことがある。
そのアドバイスを聞き入れてくれて、現在もKー秀之君は『Windows-8』のままで使用しているようだ。

最近は『Windows-10』へのアップグレード推奨画面が、頻繁に出てくるようになってきた。
その推奨画面は『今すぐアップグレードする』と『あとでアップグレードする』と『キャンセル』という『3択』であったが、5月中旬からは『キャンセル』の選択肢が消されてしまい『今すぐ.....』と『あとで.....』の『2択』にしてしまった。
さらに『Windows-update』にも、『Windows-10』は『重要なプログラム』に格上げして、自動更新する体制も整えてきた。
これによって「知らないうちに勝手に『Windows-10』に切り替えられてしまった」という苦情も発生しているようだ。

このようにマイクロソフト社は、何がなんでも『Windows-10』にアップグレードさせたいという魂胆が見えてくる。
そして7月29日までは無料で提供するが、7月30日以降は有料(13,000円程度)になると公表している。
有料にして『新製品』として発売するのであれば、『Windows-10』の性能も向上させたのだろう.....と勝手に推察しているところである。
この調子でいくと『Windows-7』で乗り切れないようなので、この際『Windows-10』を導入することにした。

ところが、『Windows-10』導入には大きな問題点が立ち塞がっている。
【問題点:1】1台のパソコンに2個のWindowsを抱え込むことになる。
マイクロソフト社が提供している『Windows-10』導入ツールは、現状の『Windows-7、8』をパソコン内に残したまま『Windows-10』を導入する仕組みになっている。
これは『Windows-10』の性能が確実ではないので、何時でも既成の『Windows-7、8』に戻せるようにバックアップ体制を取らせているのである。
つまり1台のパソコンに『2個のWindows』を抱え込むことになり、無駄なディスクを消費させることになっている。
(例えば、1台の車に2個のエンジンを搭載してるのと同じで、廃車するまで無駄な予備エンジンを積んで動き回ることになる。)
また同時に『Windows-10』に対応した『ウイルスセキュリティソフト』も導入しなければならないので、大量(50~60GB)の『ゴミ』を抱え込むことになる。

【問題点:2】『Windows-10』導入には大量の『ディスク空き領域』が必要となる.......
『Windows-10』のプログラムサイズは4GB(ギガバイト)。
このようなプログラムを導入する時は、最低でも100GB前後の『ディスクの空き領域』が必要だと言われている。
この100GB前後の『ディスク空き領域』は、導入するプログラムサイズによって多少異なるようだ。
(例えば、人間が作業する際に必要な『作業台等』と同じことであり、その作業台は広い方が効率よく仕事ができることに繋がる。)
従って『Windows-10』を導入する場合は、ディスク(Cドライブ)の空き領域が、110GB以上なければ導入の途中でパソコンが異常中断することもあるので、これらの事前チェックは必須条件となる。
(但し、Kー秀之君やYー守男君のパソコンは大容量のディスクを搭載しているので、ディスク容量不足の問題はない。)

【問題点:3】ディスク(Cドライブ)の容量不足
さて、問題は私のパソコンである。
私のパソコンは、息子(長男)が7年前に部品を買い集めて作ってくれた手作りである。
その時、要望したのは『高速処理』だけを唯一注文した。 
『高速処理』を実現するためには、ディスク容量を少なくすることは避けられないことである。
そこでディスク容量は、150GB(ギガバイト)にし、それを2分割(Cドライブ:80GB、Dドライブ:70GB)することにした。
当時『Windows-7』とウイルスセキュリティ、その他の必要なプログラムを導入しても、Cドライブの使用率は37%程度に収まっていた。
その頃のパソコンの動きは、軽快で迅速に動いてくれていた。
ところが1年2年と月日を重ねる毎にCドライブの使用率は増えていき、7年経過した現在では使用率が68%まで増えてしまい『空き領域も24GB』まで減少してしまった。
これは『ウイルスセキュリティ』ソフトが、ウイルス対策のために雪だるまのように増え続けたからである。

このように、私のパソコンはディスク(Cドライブ)容量自体が80GBしかないので、『Windows-10』を導入することすらできないのである。
そこで息子(長男)に電話で相談.....。
その息子が言うには、「そもそもCドライブが80GBしかないことが時代遅れである。少なくとも現在の3倍以上のディスク容量が必要だ!」と。
「じゃ~仕方がないな。高速処理が可能な限りの(3倍の)ディスクを入れてくれ!。」と依頼した。
どうやら部品代(240GBのディスク)が17,000~18,000円するらしい。
息子(長男)はパソコン専門の事業を1人で経営しているので、親子の関係ではなくて『業者と客』の関係で交渉しなければならない。
思い切って客の立場から「3万円でやってくれ!」と依頼して商談成立した。

パソコン専門の息子(長男)に依頼したのは、新しいディスク(240GB)を取り付けて「初期設定」を行い
①『Windows-10』のみを導入すること。
②『Windows-10』対応済みの『ウイルスセキュリティ』を導入すること。
③その他、必要なソフトは現状のディスクから移動すること。
そして昨夜、息子(長男)が約束通り、ディスク容量を240GBに拡張して『Windows-10』を導入したパソコンを持ってやってきた。

~~~~~<以下次号で報告>~~~~~【K-正人】

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード