忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




食品の廃棄される筈の商品が転売された事件は、日本人として恥ずかしい行為ですね~。 
中国がやるのなら「又か」と頷けるのに.....日本人も同じことをしてると思ったら情けない。
しかし、こういうことは絶対いけないと思う反面、私は思うのです。
少々の「賞味期限切れ」がいとも簡単に捨てられる現実には「勿体無い 何とかならないものかしら」と考えてしまいます。 

そもそも賞味期限とは「その期限まで美味しく食べられますよ」という期限であって「食べたら体を壊しますよ」という警告ではないはずです。
(消費期限はその日までに消費するようになっています) 

醤油、ソース、味噌などの醗酵食品は寝かせるほど熟成が進みうまみが増してくるものなのです。 
その期限の設定がどのような基準で決められたものでしょうかね。 
勿体無いと言う気がしてなりません。何とか上手い対策はないものでしょうかね。 

特に若い世代は賞味期限に五月蝿いですね。
久しぶりに帰ってきた子供たちは、賞味期限を過ぎた食品を見つけるとしつこく捨てるように促します。
大丈夫なのに..... 

私などが若かった頃は、近くの駄菓子屋にははカビの生えたパンなどが売られていた事もありました。 
そういう時代を経験してますので、少々期限が過ぎていても大丈夫かどうかの判断はつきます。 
若者は神経質になるのは世代の違いでしょうね......。【都忘れ】

【写真】消費者庁が発表した横流しされた食品の一部(下記の消費者庁リコール情報サイトから借用)。
写真上でクリックすると拡大出来ます。

【参考】消費者庁が下記URL『消費者庁リコール情報サイト』で対象食品を食さないように注意喚起しています。
対象食品が流通して、販売された店なども紹介しています。
①カレー『CoCo壱番屋』の廃棄食品。
http://www.recall.go.jp/result/detail.php?rcl=00000014362
②味噌メーカー『マルコメ』の廃棄食品。
http://www.recall.go.jp/result/detail.php?rcl=00000014400

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード