忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




母と暮らせば!杉原千畝!どちらも観たい映画であるが、海難1890は勧めもあり優先して観た。
内容は既に紹介されているので書かないが、感じたことを少し述べてみたい。
一言で言って、この映画は国境を越えた人間の真心に触れた思いがして熱い感動を覚えた。
 
映画が終わりに近づき、配役やスタッフ、協賛、後援と言った固有名詞がテロップで流れ出すと、自然と観客が席を立ちだす光景はいつものことであり自分でもそうである。
ところが、今回はそのテロップを最後まで見ていたところ、突如として、現:トルコ国のエルドアン大統領が映し出された。
そして、この大統領から合作映画に対する称賛と、125年前のトルコ軍艦遭難発生時の日本(和歌山県串本町)の対応に対しお礼のことばが述べられたのである。

翻って、遭難事故から95年後(昭和60年)のイラン×イラク戦争時、救援を求めてイランの国際空港に殺到した在留邦人215名が出発ロビーで危機的状況にあった。
当時の日本国政府は、自衛隊の海外派遣は法的に不可の原則があり救援機を飛ばすことが出来なかったのである。
そのような窮状をトルコ大使館に訴えたところ、125年前の恩に報いるためと、2機の救援機が派遣され、それに分乗してトルコ経由で無事日本に帰国できたということである。

そこで感じたことであるが、エルドアン大統領に続いて、阿倍総理とまでは言わないが、せめて外務大臣くらいの立場の要人がこの合作映画に何らかのコメントを贈ってもいいのではないかと思ったのは自分の思い過ごしか? 【H27.12.24埼玉:守夫】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード