忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


【野尻中学校の正面玄関:拡大出来ます】

12月も半ばに入り、古稀の同窓会から早や2ケ月が過ぎました。
その時の様子や集合写真、DVDの話など、出席出来なかった人を含め、電話やメールで盛んにやりとりが行われているようです。
我々の同窓会に関しては、正人君が過去から現在までの実施状況を写真付きでブログに載せてくれましたが、大変な作業だったろうと思います。
過去の出来事などはそれを開けば、時系列に何らかのヒントが隠れているようで、大抵の疑問は晴れると思われるのでありがたいことです。  

さて、その同級生のある女性に関してですが、12月8日付、正人君の記事は衝撃的で、あまりにも感傷的な描写に大変な感銘を受けました。
そこには、今から8年前に開設されたブログがどれだけ彼女の励みになったことかが綴られており、活字を追うごとに感銘を受け、感動しました。

その人の名前はさておき『昔の乙女』さんについて私のファイルを辿ったところ、ブログ開設間もない頃のコメントに、次のような一文が寄せられていました。(抜粋)

>>『ブログを立ち上げていただき、ありがとうございます。なつかしい名前や話に感激しております。』
『同窓会にもなかなか出席する事も出来なくて、寂しい思いをしておりましたが、ブログのお陰で故郷のこと、懐かしい顔などが思い出されて、嬉しく毎日見ております。』
『これからも、友達の輪がどんどん広がりますよう願っております。』
『ブログを開くのが毎日楽しみです.....』
その外にも、平成14年に仕事を辞めてからは、介護老人ホームのボランティアをしていること。中学時代にY先生にもらった「杉の子」の話や、野尻の○○子さんと電話で話したこと。孫が高校と中学に上がったこと.....<< 
等々、生活感の滲む文章が投稿されていました。

この頃の文面には、闘病生活を送っていることなどは、一言も書かれていません。
きっと、我々同級生に余計な心配を掛けたくないという、彼女なりの心遣いがあったのでしょう。
少なからず同級生のブログ記事が、彼女に生きる勇気と希望を与えていたことに疑う余地はありません。

ところが、残念なことにブログ開設の翌年に他界されたとか、彼女が辿ったそれまでの経緯をブログに公開してくれたので、正人君には、よくぞ紹介してくれたと称賛のメールを送った次第です。
他にもブログを介して励まされている人がいることは言わずもがなですが、私には、過去の情報を含めどれだけ自分の役に立ったことか計り知れないものがあるのです。
ですから、正人君がパソコンのキーボードを叩ける限り続けて欲しいと願っております。
そして古稀の同窓会を機に、吉田君がみんなのコメントをプリントして参加者に送付してくれたので、なお一層ブログ仲間が増えるものと期待しております。 【H27.12.12埼玉:守夫】

【追記】 鵜戸原のT-優君が亡くなったそうですが、また一人減りましたね、淋しいことです。ご冥福をお祈りします。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード