忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




【やはり紹介しておこう......】

ブログ『サキヒットベ~♪』が、1200号まで続けられたのは、皆さんからの協力があったればこそではあるが、ある女性(同級生)から貰った手紙に励まされて、心密かに『継続する』ことを誓ったからである。
ブログは開設後3ヶ月目辺りから、1年間位が最盛期を迎えていた。
K-秀之君の『プーケット島便り』は、海外旅行の醍醐味を教えてくれて充分楽しませてくれた。
そしてまた、6~7名の人が『匿名』で、あらゆるジャンルの記事を投稿してくれていた。

その『匿名』の中でも、特に人気があったのが『恋する乙女』さんと『昔の乙女』さんの投稿記事だった。
この二人は、それぞれ隔週単位の頻度で連載してくれていた。
二人の記事は、読者を引き付けるハイテクな表現力があった。
『あの二人は誰?!』という、問い合わせが電話やメールで殺到していた。
私は、ブログ管理者の立場上『守秘義務がある』との理由で、この二人に関しては口を堅く閉ざしていた。
郵便で投稿されてくる封筒の差出人も『匿名』だったので、私もこの二人を知る術がなかったのである。

すると『あれはA子さんとB子さんだろ!』とか『A子さんの二役だろ!』という、特定の同級生の名前を出してくるようになった。
その話題の『A子さん』は、パソコンが大嫌いと明言している人なので、彼女にとっては大迷惑で濡れ衣である。
そこで『犯人探しはやめましょう.....』とブログに書いた記憶がある。
その時を同じにして『昔の乙女』さんからの投稿がぷっつりと途絶えてしまった。
そこで、またブログで『昔の乙女さんは元気なのでしょうか?是非投稿して下さい』という呼びかけを行ったこともある。

しかし、その後も全く音沙汰なしだった。
それから約6ヶ月ぐらい経ってから封書が届いた。差出人は『昔の乙女』となっている。
早速ブログに載せた。すると4~5日後にまた封書が届いた。
今度は差出人の名前が明記してある。その筆跡は『昔の乙女』さんと同じだ。
開封すると、衝撃的な文面が綴られていた。
それは今でもはっきりと脳裡に焼きついている......

>>私は『昔の乙女』で投稿していた○○○子(実名)です。
私は50代半ばにして不治の病を患い、一人では外出すら出来ない状態になってしまいました。
昨年秋の還暦同窓会にも参加出来ませんでした。
~<中略>~

長年の苦しい闘病生活で夢も希望も失いかけていたのです。
そんな時、ブログ『サキヒットベ~♪』を貴方が開設されたとのハガキが届きました。
早速、子供達にそのハガキを見せたところ『サキヒットベ~♪』を開いてくれ、いつでも観られるようにしてくれました。
そのブログには、同級生の皆さんの名前や記事が載っていて、懐かしい顔が思い出されて、それはそれは大感激、溢れる涙を抑えることは出来ませんでした。
それからは、毎日3~4回はブログを開いて観させていただきました。
『今日は誰がどんな記事を書いてくれているのだろうか?』.......興味津々、心ワクワクで昔の乙女のような気分になったのです。

これが私の日課となり、目の前が明るくなり生きる目標が出来た思いで、楽しい毎日に変わっていったのです。
そんな私の姿をみて、子供達が「ブログを観るようになってから、随分元気になったね~ お母さんも投稿してみたら...」という言葉に後押しされて投稿させていただいたのです。
自分で書いた拙い文章が活字となってインターネットの画面に出てくると、なんとも言えない格別な気分になり、それが喜びにも変わっていきました。
そうなると毎日が楽しくて楽しくて仕方がありませんでした。
『次は何を書こうか!?』というのが生き甲斐になっていったのです。
~<中略>~

私はこの6ヶ月間入退院を繰り返しておりました。
ようやく退院でき、最後の手紙を書ける気分になりました。
私が匿名で投稿したことにより、皆様にご迷惑をお掛けしたことは充分反省しております。
しかし、匿名でなければ書けないこと、匿名だからこそ書けることがあると思います。
決して悪気があったり、ふざけた気持ちで書いた訳ではありません。
このことだけは分かって欲しかったので、手紙を書かせてもらいました。
~<中略>~

本当に、このブログで生きる望みと勇気を与えていただきました。
また私のように闘病生活を送っている同級生もいるかと思います。
そのような人達のためにも、これからも出来るだけ続けて下さいますようお願いします。<< 
.......という内容だった。

この匿名『昔の乙女』さんは、この手紙をくれた2~3週間後にご逝去されました。
来年の1月で7年目になると思います。
改めてご冥福をお祈り致します。

『こんなありきたりのブログで、一人の同級生に夢と希望を与えることが出来た....』
『こんなに期待して読んでくれる同級生がいる限り、これは何がなんでも続けなければ....』
という密かな約束を自分自身と交わしたのである。
これからもパソコンのキーボードを叩ける限り、そしてボケない限り、このブログを書き続けていきたいものである。

ご愛読戴いている同級生の皆さんも是非投稿して下さい。
記事の中身は何でも結構です。
貴方の一言があの人に勇気を与えるかも知れません。
きっとあの人が待ってますよ!

【追記】ご本人の意向も確認せずにブログに書くべきか否か、悩みましたが思い切って紹介させて戴きました。
そしてまた『恋する乙女』さんも、姿を消してしまいました。彼女は元気なのでしょうか? 
もう『犯人探し』みたいなことはしません。機会があれば登場して戴きたいですね~。【K-正人】

【写真】ブログ開設第1号はこのような写真を載せました。岐阜県白川村の合掌作りと、愛知県豊田市の香嵐渓・紅葉の夜景。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 7 9 11 12
13 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード