忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】



私の姪K子は、もうそろそろ五十路を迎える頃でしょうか、自営業の長男に嫁ぎ3人の子宝にも恵まれ、孫も一人出来て、幸せに暮らしています。
儀父母もK子が気に入ってくれて、身びいきですが、それは良く出来た嫁です。時に会う時でも、ニコニコと気持ちのいい対応に心が和みます。
 
最近こんな事があったそうです。
姑が「出かける用事があって集合場所まで(車で)送ってくれないか」と頼まれたそうです。
「はい、いいですよ」
何時ものように返事をしたのですが、2~3日前から腰が痛く困っていました。返事をした後で「ああ、腰が痛いことを言って断ればよかった」と思ったそうです。
それでも、顔にも出さず「夕方迎えに来ますから」と何時ものように言って『一日ユックリ休もう』と思いながら帰りました。
 
一日と言う時間はあっと言う間に過ぎて、気が付けばもう迎えにいく時間です。
「あっしまった。もうこんな時間 迎えに行かなければ・・・」
と痛い腰をさすりながら「何で私ばかりこんな目に会わねばいけないのかしら」と不平が出てきました。
『早く行かないと帰ってくる』と思いながら、玄関に出たところで思いもかけず、ステンと転んでしまいました。
一瞬『何てことだ、こんなときに転ぶなんて 迎えに行かねばならないのに、動けなかったらどうしよう!』半泣きの気持ちになりました。
 
恐る恐る腰を抑えながら起きました。
おや?
少しずつ起きました。
おや?
おや?おや?
起き上がってみると腰の痛みが消えています。
腰をさすって曲げてみても、ひねってみても痛みはスッカリ消えていたのでした。
まるで狐につままれたようでした。
 
K子は思いました。
これはご先祖様や神様が助けてくれたに違いないと・・・
早速仏壇に手を合わせお礼を言ったそうです。
まるで不思議な体験でした。
K子はそのように思いましたが、恐らく転んだ拍子に圧迫していた、神経が元に戻ったのでしょう。 
 
よくこんな話を聞きます。
神仏にお願いして、病気が治ったと言うがそれは治る時期に来てたんだなどと・・・
 
いずれにしても治った事には違いありません。
嘘の様なほんとの話でした。
こんなことってあるんですね。
私も、神仏の御加護だったのだろうと思うことでした。【都わすれ】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 7 9 11 12
13 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード