忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


 
 
『手を伸ばすと窓からキューリが取れますよ!』
何だか優雅な生活を送っているように聞こえるキャッチコピーである。
これは、狭小住宅に住んでいなければ、味わえない醍醐味(??=負け惜しみ)である。

例年、我が家では西側の窓にも、遮光・遮熱効果を狙ってゴーヤを植えていたが、今年は『節生り』という種類のキューリを3本植えた。
その字の通り『節』毎に花が咲き、実を着けていくので、実益(食材)を兼ねて『みどりのカーテン・キューリ』に切り替えたのだ。
キューリは『葉っぱ』も大きく脇芽も増えるので、ゴーヤと同じ位の遮光・遮熱効果があると期待していた。

そのキューリは『居間の窓』の外なので、その成長過程が毎日観察できて手に取るように分かる。
窓から手を伸ばせば捥ぎ取ることができる。
そのキューリは本幹の摘心をしただけで、脇芽は摘み取らず伸ばし放題にしていた。
その結果、キューリの幹(蔓)は充分すぎるほど繁栄し、その遮光効果は満足できるものになった。

一方、キューリは幹の節々に『実』を着けはじめ、やがて『鈴なり』状態になった。
しかし、その『実』が総て直角に曲がり始めたのである。
5~6年前『新米耕作員奮戦記』で体験したことのある、この現象をブログに書いたことがある。
このとき、故郷『宮崎のK-洋子さん』から、『曲がるのは養分が不足しているからです.....』と教えて頂いたことがある。

それ以来、総ての野菜栽培には『窒素・燐酸・カリ』を均等に配合してある、化学肥料を10日周期で追肥してきている。
それでも『養分不足』だろうと思い込み、追肥する周期を縮めようとして根の周囲を掘り起こしてみたら、その肥料は土に溶け込んでいなかった。
肥料はある。水も充分与えている。
『なのに何故曲がる??.....』居間の椅子に腰掛けながら考えてみる。
すると『脇芽が多すぎて、実が着きすぎているのでは?』という疑問が湧いてきた。 

あの糖度の高い有名なメロンは、1本の幹に1個の実しか残さないで、1個の実に『養分を集中させる』という栽培方法を思い出し、我が家のキューリも『実』を間引く(脇芽を切取る)ことにした。
本幹からは3本の脇芽を残すことにして剪定した。
その結果、総ての実は真っ直ぐに育つようになった。
しかし、遮光・遮熱効果は期待できなくなった。
一石二鳥とはならないようだ。
今日は久し振りの雨。台風11号が気になる。【K-正人】

【写真】 剪定後のキューリは『スケスケ』になって、遮光効果は半減したが、キューリの実は真っ直ぐになった。
 

~面白い現象を見つけた~

上の写真は昨日(7月15日・7時11分)撮影。
下の写真は今日(7月16日・7時26分)撮影。


 
写真中央部、縦に並んで写っている2本のキューリに異変が見受けられた....(左写真)。
昨日、取り残しておいた2本のキューリは、4~5cm離れていたのに今朝はくっついて重なっている。
多分10cm以上は1日で伸びたことになる?.......凄い成長ぶりである。
このキューリのように、我々の寿命も急速に縮まっているのかなぁ~?(笑!)
取り敢えず台風11号襲来に備えて、キューリとピーマンを収穫した(右写真)。   

写真上でクリックすると拡大できます。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード