忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


   

何の風の吹き回しか、急に『ババロア』を作りたくなった。 
美味しいけど少々面倒と言う気持ちがあって、何年も、否何十年も遠ざかっていた。 
口当たりの優しさと、とろけるような食感は家族の好物だったが、子育てに追われ時間も無くとっくに記憶の中から忘れ去られていた。
何十年も作っていないのでレシピはネットで探した。

あった、あった.....。
ゼラチンをふやかして、生クリームを泡立てて牛乳に砂糖を入れて火にかける。絶対に沸騰させてはならない。
ゼラチンを投入して滑らかになったら、卵黄を溶きいれて生クリームを入れる。
氷水をボールに入れて鍋の底を冷やしながら、とろみが出てきたら型に流し込み3時間ほど冷蔵庫で冷やすと出来上がる。

何十年も前、子供達はヤンチャな小学生だった。
兄弟喧嘩もしていたが仲が良かった。
私も若かったなぁ~。毎日をがむしゃらに過ごしていたように思う。
色んな事を思い出しながら作った。

その子供たちも今や四十路の真っ只中で一生懸命に働いている。
孫たちが今、その頃の子供たちの年齢である。
『ババロア』は私に昔を思い出させてくれた。
型に流し込んで冷蔵庫に入れた。あと3時間で出来るはずである。
美味しく出来ていたらいいのだが......

今年の苺狩りも今日で全部摘んで終わった。
都合で来られなかった孫たちの為にジャムを作った。
そのうち来てくれるだろう。その時渡してあげようと思っている。

そうだ!今日取れた最後の苺はミキサーで液状にして冷凍しておこう。
そして孫が来たときこれで『苺ババロア』を作ってあげよう。
果たして喜んでくれるだろうか。
否そんな心配は要らない「おばあちゃん 美味しいね」と言ってくれる筈である。【H・靖子】

【写真】インターネット「ババロアの作り方・レシピ」から借用しました。

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード