忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


  
  
【キーワードは『テニスボール』と『瓢箪』だった。】

その(1)『テニスボール』 昨年の10月中旬 
足が痛くなって3回のマッサージを受け、3月初めに『ガタが来た』とブログに投稿したあの頃が一番厳しい時期だった。
玄関の上り下りが大変だったし、寝起きもこれまた大変で布団の上げ下ろしも出来なかった。
動く度に痛みが走り動きは緩慢になり「歳を取る」と言う悲哀をひしひしと感じたものである。
その様子を家人に悟られるのが嫌で、さりげなく振舞っていたが「足が痛いのか?」といわれ「ウウ~~ン」と頭を横に振った。

何とかしなければと、もがいていたような気がする。
毎日が痛みとにらめっこみたいなもので少しでも良くなると嬉しかった。
その後は我流ストレッチ治療に挑戦したのだった。
その頃、毎日風呂上りに足の痛いところに湿布薬を貼りまくるのが日課になっていた。

そんなある日テレビで「テニスボール2個でストレッチが出来る」ということを知る。
早速物置から使わなくなったテニスボールを2個取り出しテレビの真似をする。
仰向けに寝て膝を立てお尻の下にボールを置く「痛くて気持ちいい場所」にボールを当てがいゴロゴロする。
回数は気の済むまで。オマケに腰にも当ててみた。
痛いけど気持ちが良い、なんだか効き目があるような予感がした。

一日2~3回続けると2日目には湿布を貼るのを忘れていた。 
しかし坐骨神経痛は一朝一夕に治るものではない、足のツッパリ感、棒のような重たい感じ、それに時々引きつる事もあったが貼り薬は卒業した。
フットマッサージ機でふくらはぎと足のマッサージも続けていたが、テニスボールを始めた頃からフットマッサージも忘れることが多くなった。
日を追うごとに痛みが軽くなった。 
毎日の『テニスボールごろごろ』が楽しみになってきた。
しかし、あと一歩と言うところで足踏み状態、膝の辺りが弱弱しく頼りない感じがぬぐえない。
治りそうで中々治らなかった、最後の一皮が剥けたらスッキリするのにと思った。
ところが思いもかけない物がその一皮を剥いてくれた。【H・靖子】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード