忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




確か4月10日頃だった.......。
この日、買い物から帰ってきた妻が開口一番「今日、ゴーヤの苗を売ってたよ!」と言っている。
まだちょっと早いと思っていたのに『もうそんな時期になっていたのか?!』 びっくりである。
昨年のブログを見ると、5月末にようやく苗が10cm位に育っていて、『ダンゴ虫攻撃』を受けていた。
今年は、早めに『みどりのカーテン』を作ることにしていたが、この寒さでは発芽するのにも時間が掛かりそうな雰囲気だったので、種まきの時期を模索していた矢先である。

そこで何時ものように困ったときはインターネット.....
ヤフー検索ロボットで探してみると『4月初旬から種まきをしても良い』と書かれている。
更に、ゴーヤの『種の一角(尖った部分)』を切り落として、皿などの容器に入れて水に浸しておくと『発芽が早い』とも書いてある。

早速 『 ニッパー』 で種の尖った部分を切り落として、10粒の種をプラスチック製の容器に入れて水に浸してみた。
すると水に浸してから9日ほどで、7粒の種から白い『根らしきもの』が、堅い殻を破って顔を出してきたので、早速植木鉢の土の中に埋めた。
ところが『鉢の中の土』が冷たかったようで、5日経っても土の中から『芽』を出してこない。

これはまずい!......昨年同様予備軍の苗を作っておく必要がある。
そこで、第2弾として残りの種(27粒)を水に浸しているが、今日で5日が過ぎたのに写真のように殻は固く閉ざしたままである。
プラスチック容器内の水温が低すぎたので、直射日光に当てて水温を上げようとしたのがまずかったのかも知れない。さては失敗したか?!

インターネットによると
『水温や環境によっては10日間以上掛かるときもある』と書かれているので、一縷の望みは残っている。
水温が低いと発芽が遅れる場合があるので、発芽用の容器は暖かくて暗い場所に保管するといいらしい。
ところが注意書きの末尾に『発芽用の容器は直射日光を避けて下さい』とも記述してある.....大事なことを見落としていたようだ。
     
あと1週間ほど粘ってみて『芽』が出てこなければ、今回の『水耕苗作り』は失敗したことになる。
発芽しなかった種は、総て『殺処分?』となることだろう。
「早く芽を出せゴーヤの種!」.....5月の連休明けには立派な苗になっている!?かな?。不安もあるが楽しみでもある。【K-正人】
 
【写真:右】亀の子のような雰囲気だが、水に浸していたゴーヤがようやく堅い殻を破って顔を出してきた。早速、土の中へ....。(4月29日)

【参考】下記URLはニガウリの 苗の作り方です
http://www2u.biglobe.ne.jp/~bird-st/plant/index.htm

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード