忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


 
【Windows Update を見逃していませんか?】

ご存知の通りパソコンで、インターネットやEメール等を行うためには、OS(Operating System)というプログラムが必要である。
このOSには、マイクロソフト社の『Windows』と、アップル社の『apple』がある。
2013年現在のパソコンのOSには、マイクロソフト社の『Windows』が大半(約90%のシェア)を占めており、我々がこの部類に入っている。
アップル社の『apple』を使用しているのは、パソコンで飯を食っている人達が多いようである。

一方、最近のコンピュータウイルス(以下ウイルス)は、悪質極まりない精巧なものが氾濫している。
このウイルスは、当然『Windows』も標的に攻撃してくるので、『Windows』自体もウイルスセキュリティを充実させながら、機能アップさせなければならない。
そこで『Windows Update』という形で、『Windows』を使っているユーザーにプログラムの更新を通知してくる。 
通常は夜中の3時前後に自動的にインストールしてくる(パソコン内に取り込む)が、時々『Windows Update』の中に通知して来る場合がある。

これらの状態を確認するには下記の操作を行う。

①パソコンのスタート画面から『コントロールパネル』をクリック。
②『Windows Update』のアイコンをクリックする。
③インストールすべき対象プログラムがある場合は
『○個の重要な更新プログラムが利用可能です』又は
『○個のオプションプログラムが利用可能です』という内容のメッセージを表示する。
『重要な更新プログラム.....』は、積極的にインストールしたほうが良い。
『オプションプログラム.....』は、インストロールするか否かは各人の判断による。
このプログラムをインストールする場合は、ダウンロードを含めて5~10分前後の時間が掛かるので、完了するまで待つ。
短気を起こして『インストールを中断させる』と、中途半端な状態で残るので中断させないことが肝要である。
④インストールすべき対象プログラムがない場合は
『Windowsは最新の状態です』
『このコンピュータで利用できる更新プログラムはありません』という表示が出てくる。

常に④の状態を保ちたいものである。市販のウイルスセキュリティソフトがOS(Windows)までガードしているかどうかは不明....あしからず。
『Windows Update』のプログラムをインストールするかしないかは貴方次第です。今回も余計なお世話でした。【K-正人】

 【追記:Y-守夫君へ】先月の電話で『Windows Update』の話をしました。その時『1個の重要な更新プログラムが利用可能です』というメッセージが表示されていたのに「問題ないでしょう....」と判断しましたが、これは私の勘違いでした。訂正してお詫びします。

【写真】玄関脇で、遠慮がちにひっそりと咲いているボケの花。今年も忘れずに綺麗に咲きました。
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
12 13 15 16 17
18 20 21 22 24
25 26 27 28
来訪者数(カウンター)
ブログ内検索
画面編集変更(RSS)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
バーコード