忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


   
「ときめきますか?」  
「いいえ」  
「ときめきますか?」  
「いいえ」  
「ときめきますか?」  
「はい」  
「ときめきますか?」  
「どちらとも言えません」  
「じゃぁこれは ときめきますか?」  
「ハイ、凄くときめきます。」  

   
古今東西を問わず片付けに苦労している人は多いようです。  
日本人の片付け名人の著書(片付け本)が外国で馬鹿受けしているとか。  
  
それが上記の問答で綺麗に片付くというから凄いと思いませんか。  
「断舎利、断捨離」と言う整理法は皆さん承知の事と思います。  
要らない物を 【断つ】  
要らない物を 【捨てる】  
物への執着から【離れる】  
私も本を買いました、所が中々捨てる事ができない。  
捨てようとゴミ袋に入れても「いやいや待てよ・・」と拾い戻す始末です。  
使わない物が何年も眠っています。  
要る物と、要らない物の仕分けが出来そうで出来ないのです。  
  
そんな時目にしたのが「トキメキますか?」というフレーズでした。  
自分の持物で心がときめく物であれば残せばいいし、あまりときめきがなかったら「今までありがとう」の言葉を添えて捨てればいいというのです。   
捨てる物に対する罪悪感があるから捨てられない、でも『今まで有り難う』という感謝の気持ちを込めて捨てると踏ん切りがつくようです。  
  
この春、自分の持っている衣類を全部出して、ときめくか、ときめかないか  
仕分けしてみようと思っています。  
感謝の気持ちを添えて捨てる。 なんとも日本人らしい発想で良いですね。  
「おもてなしの精神」にしても「ありがとうの言葉」にしても外国の人がお手本にするなんて日本って本当にいい国ですね。【都わすれ】  
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード