忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】



昨日、猛暑日の中、森林公園ゴルフ場の月例競技大会に出場した。
179名の参加者が来場している。気温37℃以上である。
特に芝生の上は照り返しが強いため、40℃ぐらいは間違いなくある。
コース上で自分の打順を待つ間にも汗が流れ落ち、眼鏡に汗の水滴が滴り落ちて曇ってくる・・・。
 
今回の同伴競技者は、全員初顔合わせである。
2番ショートホールは距離が短い。センターまで155ヤードである。
ピンは10ヤードほど奥目に切ってある。
7番アイアンにしようか6番アイアンにしようかと迷っていると「6番は大きいでしょう」と言っている奴がいる。
この男は「ハンディ7」の腕前だ。
何か意図的なものを感じたが「いらんことを言うな!」という心境で完全に無視し、敢えて6番アイアンを使用。
ピン横3mに付けてパーをセーブできた。その男は7番アイアンでグリーン横に外したが、パーをセーブした。
 
更に5番・ショートホール(谷越え176ヤード)では、2段グリーンの奥にピンが切ってある。
実質的には185ヤード以上打たなければならない。
7番ウッドを持ってティグランドに立つと、今度は別の同伴競技者がやってきて「ウッドで打たれるんですか?」と聞いてきた。
私は完全に無視して口を利かないでいると、更に「何番ウッドですか?」と聞いてきた。
 
遂に堪忍袋の緒が切れた。
「あのね、貴方は私を陥れようとしてるんですか?」と、わざと口調を荒げて言い返した。
本人は、怪訝そうな顔をして『何を怒っているんだろう?』というような雰囲気だ・・・。
『ホントに知らないのかな?!だとしたら、ちょっと大人げなかったかな?』と思い直して、その理由を説明することにした。
「今日は公式の競技会です。もし貴方の質問に答えて『ハイ!○番ですよ』と答えると、私が2打罰支払わなければならないことになるのです」と説明するが、まだ理解できないようである。
「これは結果的に貴方に助言したことになるんです。だから答えることはできません。」と説明したら
「あ、そうですか・申し訳ございません」と平謝りして来たので事なきを得た。2~3歳年上のようだが意外と素直な男のようだ。
因みにこのホールでは7番ウッドが奏功し、ピン横2mにつけて「バーディ」を奪取することが出来た。
 
猛暑の中、同伴競技者の陰謀?など、色々な出来事はあったがスコアは78(38/40)に収めることが出来た。今年のベストスコアである。
しかし、残念ながらベストテンにも入ることは出来なかった。
優勝者は69(33/36)3アンダーでぶっちぎりの成績だった・・。プロなみの奴がいた。残念!
 
参考までに「ゴルフ規則第6条『プレイヤー』の第1項には『プレーヤーとそのキャディーは、規則を知っておく責任がある。』と記されている。
公式な競技大会には、他人に迷惑を掛けないマナーと、最低限のルールは身に付けた上で参加して欲しいものである。【ブルーカラー】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード