忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


  
  
若い頃はストレッチしても何の効き目も感じなかった。 
40代の頃から肩、腰、膝、足が次々痛くなりだした。 
医者に行っても「様子を見ましょう」と貼り薬を処方されるだけで、直ぐに治る事はなかったが貼り薬が効いていたのかいつの間にか 治っていた。
その繰り返しで今日まで来ている。

「体は騙し騙し使わないとね」と人生の先輩が言われたが、その意味が充分判る歳になった。
ある時、腕を上に上げてみた。肘が曲がって真っ直ぐには上がらないが思いのほか気持ちがいい。
今度は体を横に反らしてみた。脇腹が気持ちいい。引っ張られる軽い痛みがあって伸びる実感があった。
いわゆる「痛気持ちイイ」感覚だ。これがストレッチに目覚めた切っ掛けとなった。

それからと言うもの自分なりに気持ちのいい処を探しては、伸ばしたり曲げたり廻したりしている。
特に股関節を伸ばす運動は念を入れてストレッチする。股関節を折って歩けなくなった人の話や、人工骨を入れている人の話を聞く。
歩けなくなったら一大事である。自分一人の問題ではなく、家族にも 迷惑が掛かる。転ばぬ先のストレッチである。
肩凝りなどは肩甲骨を柔らかくするといいそうだ。足を肩幅に開いて後ろで手を組み、肩甲骨を引き寄せたり緩めたり4~5回繰り返す。 
だるい様な伸びるような感じだ。そのまま前屈をして腕を上げる。肩甲骨から肩までグリグリ心地よく伸びるのがわかる。
   
先日、公園の滑り台の手すりが「肩甲骨体操」に格好の道具である事を発見した。 
手すりを両手でつかみ、腕立て伏せの要領で体を沈めていく。腕力が無くてもそれなりの負荷が掛かってとても気持ちがいい。
隣の高い手すりはぶら下がりに丁度いい。足は地面に付くが膝を曲げれば効果は期待できる。
試行錯誤しながら、楽しみながらのストレッチは誠に心地いい。
色々取り混ぜて15分~20分動かす。体が軽くなって背筋をピンと伸ばすと、身長が1センチ伸びたような気がする。
足取りも軽やかになる。飽き性の私が何ヶ月も続いているのは、ストレッチを終えた後の爽快感がたまらなくいいからだろう。

一つの動作は5回と決めている。
回数の少ないのもいいのかもしれない。
そして人に強制されるのではなく、自分のしたい事をしたいようにする事が長続きするコツかもしれない。
完全なる「我流ストレッチ」である。 それでも効き目は確かにある。
貼り薬をしていた右肩が、いつの間にか貼るのを忘れているし、気が付けば痛みは無くなっている。
ストレッチの最後は「あべこべ体操」で締めくくる。この体操が中々の優れもので私と相性がいい。が、しかしである。
日々ストレッチをしていても新しく痛いところは出てくる。
ストレッチだけで全ての痛みが治る訳ではないが、終わった後の爽快感だけでも幸せの瞬間である。

最近は痛いところが出てくると「よ~しどうして治してやろうか」等と、挑戦する意欲が湧いてくるようになった。
痛いところと向き合い仲良く付き合っていく事が歳相応と言う所だろうか。
大袈裟に言えば「挑戦すること」これが、今の私の楽しみでもある。細々でも毎日続けていこうと思っている。【都忘れ】

【写真:あいち健康の森公園】 この公園はブログ管理者が住んでいる近所にあり、毎朝の散歩コース(8.5km)に入っている。
広大な土地の園内には、子供向けにはジャングルジムや滑り台などがあり、大人向けには体力測定用の器具やストレッチ器具類が数箇所に設置されている。【ブログ管理者】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
13 14 15 16 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード