忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


           

『親父みたいなよ~酒飲みなどに~ならぬつもりがなっていた~♪』
これは、ご存知『千昌夫の望郷酒場』の一節である。やっぱり血筋は争えないものらしい。最近、特に「芋焼酎」に興味が湧いてきた。
インターネットに記載されていた、ある酒類販売店の『焼酎売れ筋ベスト5』によると、1位は『赤霧島』、2位は『黒霧島』、3位は『紫の赤兎馬(せきとば)』、4位は『魔王』、5位は『白霧島』と紹介してあった。
いずれも名の通った芋焼酎であることに間違いはないようだ。

2週間ほど前、近所のコンビニで見つけたのが写真の『赤猿』である。このときは、特別に欲しい焼酎があった訳ではない。『赤霧島』の『赤』に似た表示だったので、購入したまでのことだった。
呑んでみると、これが格別に美味い....。お湯割りならぬ「水割り」が最高に楽しめる代物である。

そこで、製造元の鹿児島県日置市日吉町日置にある「小正醸造」のPR文を紹介しておこう。

>>創業は1883年(明治16年)となっていますが、それ以前に日置にある島津家の祭神・八幡神社のお神酒造りから焼酎造りをはじめたそうです。
『赤猿(あかざる)』は、青果用に開発された紫サツマイモ「農林56号(パープルスイートロード)」を主原料にしています。
都城市にある独立行政法人農業技術研究機構作物研究所 で、甘みが多く、ふかしただけでもおいしく食べられるように改良された紫芋で、
平成14年に品種登録された新しい品種です。
ふかしただけでも美味しく食べられるように品種改良されたさつま芋で、別名「紫芋の王様」と呼ばれています。

芋焼酎「赤猿」は、この「パープルスイートロード」を使用し白麹で醸した原酒と、一般的な芋焼酎に使用されている
「黄金千貫」を使用して同じ白麹で醸した原酒をブレンドしています。
このブレンドにより「パープルスイートロード」の特徴である独特のフルーティーさをしっかりと残しながら、
「黄金千貫」白麹の甘み・キレのある味わいが楽しめる酒質となっております。 ロックや水割りがおすすめです。<< と書いてある。

ところがこの芋焼酎『赤猿』は何処にでも売っているわけではない。大型スーパーや、酒類専門販売店にも置かれていない。
店頭にあるのはコンビニ『セブンイレブン』のみである。興味のある方は是非試飲してみて下さい。【K-正人】

PR
前の記事花粉症に効く....?!
次の記事春ですよ!
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード