忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


 

冬季オリンピックも終わりに近づいてきた。 
全国民の金メダルの期待を一身に背負って、真央ちゃんは信じられないショート16位スタートとなった。
まさかまさかの高得点を得られるジャンプの不調、想像を絶する重圧に心と体が噛み合わなかったのだろう。
大きな期待が真央ちゃんを潰しているようにみえた。

『出来る事なら消えてしまいたい』と思ったかもしれない。
16位になった時点でメダルの可能性は消えてしまった。 
翌日のフリーは大丈夫だろうか?一日で立て直すことが出来るだろうか?果たして跳ぶ事が出来るのだろうか? 
真央ちゃんの失敗する姿が頭をよぎる。何としてでも成功してほしい。



そしてフリー当日.....。
「固くなってる」「しっかりして・・」「開き直って楽しむつもりで滑って・・」と祈る気持ちの中、時間は刻々と迫りブルーのコスチュームの真央ちゃんが、満場の万来の拍手に迎えられてリンクに登場した。
やがて静かに滑り出した「頑張って・・」固唾を呑んで見守る観客の前で真央ちゃんは、信じられないくらいの正確さで全てのジャンプを完全に跳びきった。
そして完璧な完全な滑りを見せてくれた。
まさしくこれが「真央ちゃんの本当の姿・・」
「ショートで見せたあの姿は真央ちゃんではない。
これが本当の真央ちゃんなのだ」完璧に滑りきった真央ちゃんの本当の姿が全世界に発信された。 

世界中の人々が感動の拍手を送ったに違いない。 ジャンプ成功の度に歓声が湧きあがり、伸びやかに舞う4分間は短く感じられた。
「完全燃焼」真央ちゃんは滑りきった。
「おめでとう」 結果は「6位」メダルは取れなかったが、素晴らしい精神力と技術は金メダルにも劣らぬ価値があると思った。
そして、世界の人々に感動を与えた。 全力を出し切って納得のいく演技をした、真央ちゃんの笑顔は「金」よりもプラチナのように輝いていた。

金メダルより素晴らしい感動があることを私たちは知った。
「世界の真央ちゃん」はレジェンドになるかもしれない。
「素晴らしい感動を有り難う」もし金メダルよりも高い位置に感動の「プラチナメダル」と言うのがあるとすればまさしくそれである。



今回のオリンピックで何回も聞かれた言葉は「感謝」である。
過酷な練習と経済的な負担、そして周りの人たちの応援に対して、物凄く感謝している姿が各選手の口から発せられた。
相手に対する感謝の気持ちは、相手に対する思いやりもはぐくまれている。そうした若者たちが将来の日本を担ってくれる。

日本「まんざらでもないな」ソチオリンピックは、悲喜こもごもさまざまなドラマを見せてくれた。 色んな競技を通して楽しませてくれた。
参加した全選手の皆さん感動を有り難う。 感動を与えてくれた選手の皆さんお疲れ様でした。 本当に沢山の感動を有り難う!! 
それぞれの皆さんが「プラチナメダルだよ」と感謝しながらソチオリンピックの終わりを惜しんでいます。

【写真】NHKテレビから、携帯電話のカメラで撮影。【管理人】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード