忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


【ぐぇー?! やられた~?!】
 
毎日、私が来るのを首を長くして、待ってくれている「畑の恋人達」の所へ朝の挨拶に出かけた。
『んっ!』・・・
なんだか昨夜のデートの時となんとなく雰囲気が違うのである。
とうもろこしの幹が涼しくなって、随分風通しが良くなっている。
よく見ると、とうもろこしの「実」が4~5本なくなってるではないか?
『やられた~!』
泥棒さんが道路側・入口のとうもろこしを持ち去ったようである。
 
近所の畑のとうもろこしの収穫も終わってきたので「我家もそろそろ」と思っていた矢先の出来事である。
泥棒さんも我家のとうもろこしの収穫タイミングを伺っていたのであろう・・・「さすが」としか言いようがない。
随分、熟練・熟知している泥棒さんのようである。
 
『クソ~ッ!』イライラしながら、愛車(自転車)をぶっ飛ばして帰宅。
証拠写真でも撮っておこうとカメラ持参で畑へ急行・・・そのときの写真である。

泥棒さんが持って行った残り物の総てを収穫してきた。
我家に持ち帰って、皮を剥ぎ取ってみると立派に「実」が付いてるものに限って『虫』が入っているのである。
3分の1ほどのとうもろこしが虫に食われていた。
 
近所のとうもろこし畑では「殺虫剤」を2~3回散布していた訳がようやく分かった。
どうやら「無農薬」でのとうもろこし栽培は難しいようである。
泥棒対策と害虫対策・・・今年の反省点である。
 
(上部に包丁が入ってるのが虫(被害小)に食われた部分を切除したもの)
まぁ、無農薬栽培で新米耕作員のとうもろこし栽培1年目の成果はこんなものでしょう・・・。【川窪正人】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんてーこったーぁ、その泥棒さんは、きっと田舎から出てきている人で、子供のころは家でとうきびを作っていたのを食べていた人でしょうね。
収穫時期と自分が食べる量だけとって行くなんてねーぇ。
もう少し考える人なら、作っている人の気持ちを思いやれるんでしょうけど、残念です。
でも川窪君が、おおらかにこの事件を見ているところが、ほほえましくなりましたし、度量の大きさを感じました。
若い時の過ちはいつまでも胸に刺さるとげとして私の中にもあります。
泥棒さんの胸にも大きなとげが残るでしょう。
気の毒なことです。
K・秀之 URL 2010年07月07日(水)08時07分 編集
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 7 8 9 10
11 12 14 16 17
18 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード