忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


ebf193cc.jpeg

【さて何処に行こう!! 4-1】
前日まで異常低気圧(爆弾低気圧)が日本列島を襲い、暴風雨のため航空機の欠航が相次いだニュースを野尻のテレビでチラリと見た。
其の翌日4月8日は素晴らしくいい天気になった。
「えびのに行ってみようか」との夫の言葉に、従姉妹が作ってくれたお弁当を持って出かけた。

『瀬戸の口』の霧島絶景ポイントに車を停めた。
季節はずれの雪が霧島連山を白く雪化粧していた。
寒い筈だ、雪だなんて4月に入って寒い日が続いていたが、雪が降るとは思いもよらなかった。 帰省して、霧島の山が見えるとホッとする。
厳密に言うと霧島と言う山は無いが、高千穂の峰イコール霧島と思っているのは私だけかもしれない。
「故郷の山に向かいて言うことなし故郷の山はありがたきかな」と誰かの名文があるが本当にこれ程的を射た言葉はない。
故郷に、このような名山がある事が誇りであるし、感謝でもある。

f9a33905.jpeg

 

生駒高原に到着した。秋にはコスモスが咲き乱れる。
ことの始まりはその昔、新婚旅行のメッカだった宮崎観光の新婚さん達が、バスの窓からコスモスの種を撒いたのが初めだという。
以来、生駒高原は四季折々の花が植えられて立派な観光地になった。今の季節はポピーの花が咲く頃だが、まだ最盛期ではなさそうだ。
駐車場は車2・3台停まっているだけで人影がまるで無い。 花畑を覗くとさほど咲いていない。入場を諦めてえびの高原に向かう。
車の往来が全く無い。自分たちの専用道路である。 

春の芽吹きにはまだ早く、新緑になるにはもう少し時間が必要だろう。
所々に桜並木がある。桜はとっくに終わり、赤い新芽がまるで紅葉を思わせた。
くねくねと幾つかのカーブを曲がり、車はえびの高原に近づいてきた。車窓にはシンボルの赤松が見えてきた。 昔と変わらぬ大木である。
♪峠越えれ~~ば~~高原の~~山の青さ~が~目にしみる~ ♪ 
むかし、口ずさんだ歌が自然に口に出る。


94151030.jpeg

やがて不動池が見えてきた。数台の車が停まっている。
不動池は其の時間や天候によって色が変わる。依然見た時は抜けるようなスカイブルーであったり、深い藍色であったり、黒に近いグレーであったりした、
今日はと言うと深い緑色と言おうか、ヒスイ色と言うべきか、深みのある静かな色合いをしていた。
季節はずれの昨夜の雪が、吹き溜まりにまだ残っている。 韓国岳の見える駐車場の片隅に車を停めた。

昨日の寒さとは打って、変わり穏やかな温かい陽だまりで弁当を広げた。えぐられたようなシャープな独特の韓国岳が、目の前に悠然と構えている。
昔は噴煙が昇り、硫黄の匂いがえびの高原の風物であったが、近年は地核変動なのだろうか、硫黄の煙も今は無い。
途中にあった露天風呂も閉鎖されていた。【Hー靖子】

【写真】①高千穂連峰:『瀬戸の口』からの眺望(2010.10.10撮影)  ②生駒高原:現在のポピー畑の様子(Nー百合子さん携帯で撮影) 
③不動池:(2008.4.13撮影) 

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 7 8 9 10
11 12 14 16 17
18 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード