忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




くだらないハナシ....
最近は視力の衰えも手伝って、文字を手書きをする機会も少なくなり、漢字そのものを考えなくなってきた。文章を書くときはパソコン任せで、変換された文字をそのまま適当に使っている傾向にある.....。

「卵」と「玉子」.....この漢字をどう使い分けるか?
『卵』は「生卵(なまたまご)」とか「卵の安売り」などという時に使い、『玉子』は「ゆで玉子」とか「玉子焼き・玉子豆腐」という場合に使うらしい。
つまり、人の手が加わって料理されたものは「玉子」と書いたほうがいいらしい。
問題は「たまごかけごはん」の場合は、どちらを使うべきかである。
たまごの「殻」を割って、ごはんに掛けたのだから料理されたと思えば「玉子」と書くだろうし、火も通さず原形のまま「ごはんに掛けただけ」だと思う人は「卵」と書くのだろう.....か?。


日本語は、奥が深くて難しい。
例えば『ここではきものをぬいでください 』という看板があったとすると
『ここで、はきものをぬいでください 』と読んだ人は、靴を脱ぐだろうし、『ここでは、きものをぬいでください 』と読み取った人は、上着など着用している着物を脱ぐに違いない。

日本語は読点「、」を付ける場所によって意味が違ってくるし、読点の位置によって『は』は (ha)と(wa)に読み分けなければならない。
そこで、「かな」だけでなく「漢字」や「カタカナ」を交えることによって、日本語の奥深い意味が表れてくる。
つまり『ここで履物を脱いで下さい』と『ここでは着物を脱いで下さい』に分けることが出来る。


半世紀以上生きてきて初めて知ったことがある。
それは「オノマトペ」という言葉であり、その存在すら知らなかった。
「オノマトペ」とは、いわゆる擬声語(擬音、擬態)のことで、フランス語(onomatopée)が語源だという。
英語ではオノマトピア(onomatopoeia)というようだ。
上記写真のようなオノマトペの「辞書」も出版・販売されている。


これは、胃が「チクチク」痛むとか、憧れの彼女に逢って胸が「ドキドキ」したとか、虫歯が「ズッキンズッキン」と痛むとか、納豆の「ネバネバ」が嫌いだ....。などの状態を指す言葉だそうだ。
関西弁には、この擬声語が豊富に含まれているようだが、いい例文は思い浮かばない。

今年67歳...。まだまだ知らないことが数多くある。このような「くだらないこと」を考えることがボケ防止に役立たないかなぁ~....。【K-正人】

PR
前の記事ボケ防止?!
次の記事今年も頑張りましょう
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
昨夜のNHK番組で「オノマトペ」を報じていました。どこかで聞いた言葉だと思ってブログを繰って見ましたら半年も前にブログで取り上げていました改めて管理者の先見の明に敬服したしだいです。
体調まだ芳しくない様ですがくれぐれも気をつけてください。
グリーンカーテンの成長楽しみにしています。
未記入 URL 2013年06月12日(水)10時04分 編集
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 7 9 11 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード