忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




自分が良いと思った事は人に教えたがる・・・
良い事なのか、お節介なのか、私の長所なのか短所なのか判らない。

でも後日『あれは良かったよ』 などと報告してくれる人がいると
『あぁ良かったな』と嬉しく思う。

さて、冬になると庭先には赤い実が目立ち始める。
花の少ない時期には貴重な存在である。
赤い実があるだけで寒々とした庭も明るく感じられるし、小鳥たちの来訪も楽しい。
万両、千両、ピラカンサス、などは其の代表格である。
そして今日の話の主役は『南天』である。

今年の正月、我が家の床の間には見事な南天が活けられていた。
友達の家の隅に南天が植えられていて、毎年頂いているが今年の南天は格段に上等だった。
正月の花も日にちが経つにつれて枯れていくが、南天だけは葉が落ちてもそのままに残っている。
今までは幾ら長持ちしても飽きてきて、しまいにはゴミ箱行きで終わっていた。
それが今年に限って捨てるのが勿体無くてしょうがない。
利用方法は無いものか「困った時のネット頼み」で検索してみた。

喉の薬になるらしい。
そう言えば「南天のど飴」というのも有るから効き目はあるのだろう。
全てにおいていい加減な私は早速作ってみた。
洗った南天をザルに開け水気を切って密閉容器の瓶にいれる。
焼酎をザバザバ入れる。
そのまま棚の隅に置いて忘れていた。
勿論分量などいい加減なものである。

暑い夏が過ぎ心地いい秋も過ぎ、そろそろ寒くなりかけたある日.....
「ゴホン!ゴホン!」咳が出た。
南天の薬効を試すチャンス到来である。 

本当に南天が効くのか?
瓶の中の液体は茶色になっていた。少し盃に取り、口に含んだ。
まだアルコールはきついが飲めない事はない。
喉にいきわたるようにゆっくり飲み込んでみた。
果たして咳は止まるのか?
半信半疑の私の心を見透かされたのか南天は実力を発揮した。
あんなに咳き込んでいた咳がピタリ!と止んだ。
「おっ此れは侮れないぞ」
でも今のは偶然だったのかもしれない......。
猜疑心の強い私は1回ぐらいでは納得しなかった。
その後、何回か試してみたがやっぱり咳は止まった。
「南天は咳、喉に効くというのは本当だったのだ」と確信に変わった。
それから、咳が出るたびにチビチビ喉を潤している。
驚く程の効き目である。
市販の咳止め薬でもこれ程の威力は無い。
こんなに咳がピタリ!と止むのなら教える価値はある。

私の教えたがりが頭をもたげてきた。
でも待てよ、これはすでに皆知ってる事かもしれない。
もしかして知らなかったのは私だけ?
だったら笑われるかな?
マッいいかここまで書いたのだから没原稿にするのも忍びない。
読む人にだけ読んでいただいて今年の終わりにしよう。

皆様良いお年をお迎えください。【H-靖子】

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 7 8 9 10
11 12 14 16 17
18 20 22 23 24
25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード