忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




その日妻は「今夜はポトフを作りますからね 夕方までには帰りますから」と言って早々と買い物に出かけて行った。
いつもと変わった様子はない。強いて言えばいつもより早い時間の買い物であった。
それ以外全く普通で明るく手を振って、何時ものように出掛けて行ったのだが未だに帰ってこない。
そろそろ1年にもなろうとしているのに、いったい何処まで買い物に行っているのだろう。
 
私は、長年の単身赴任が終わり、それと同時に定年退職した。
これからは毎日が日曜日である。
退職してひと月.....。朝、覚めやらぬ布団の中で「トントントン」と、リズミカルな包丁の音が聞こえてくる。味噌汁を作っているな!。具は大根か人参かな?それに油揚げも入るだろう。
私の好きな味噌汁である。
軽やかな包丁の音は、昔聞いた母に繋がる音である。
「これが幸せと言うものなのか」と年甲斐もなく感慨に浸る時があった。

単身赴任では宿舎と会社の往復であったし、2~3ヶ月に一度帰った時は妻の料理が楽しみだった。特別な料理を作る訳ではない焼き魚だったり、野菜の炊きあわせだったりした。家庭の味と言うやつだ。 

誕生日の日など腕を振るってくれた。「外で食べるより家の方が落ち着くし、お肉もその分大きく出来るから...」などと言って“お肉大好き”な私にステーキを焼いてくれたりした。
我が家の経済では一寸手の届きそうにない高級肉を買ってきたし、それに相応しいワインも揃えていた。 
新鮮な野菜サラダも美味しかったし、何より妻と会話しながらの食事は至福のときであった。

「○○で買ってきたスイーツもありますからね」
と言い「貴方お誕生日おめでとう」と言いながら乾杯してくれた。
時には♪ハピバースデーツーユーなんて歌ったりした。
何かにつけてよく気のつく妻は、私の自慢の女房であった。
長い間の単身赴任だったが、家の事を心配なく安心して任せられたのは妻のお陰である。
「ありがとう」心の中では感謝しているのだが一々言葉にすることはなかった。
その時、その時「ありがとう」と言っておけばよかった、と思うが後の祭りである。
 
そんなある日、妻が「今夜はポトフにしましょう 一寸早いけど買い物に行ってきます 夕方には帰りますから」と明るく手を振って出掛けて行ったのである。
「夕方には帰る」と言った妻を私は今日も朝から、夕方になるのを待っているのである。
「夜明けを待つ、」と言うのは聞いたことがあるが「夕方を待つ、」と言うのはあんまり聞いたことがないなと苦笑する。
それでも夕方には帰ると言ったのだから、帰ってくると思うのである。【匿ちゃん】

PR
前の記事妻は何処へ(2)
次の記事大阪ミニ同窓会
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 7 9 11 12
13 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード