忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


【 祝900号達成!】 
ブログ・サキヒットベーが、今回で「900号達成」となりました。
最近は視力の低下等で、中々ブログを更新する機会が少なくなりましたが、これからも宜しくご協力くださいますようお願いします。



近年、IT(インフォメーション テクノロジー)技術は著しく発展し、私達の生活に必要不可欠となってきた。各家庭には一家に一台ではなく、個人一人に一台のパソコンを持つようになっているようだ。

最近、乗用車をはじめ、ほとんどの電化製品には、マイコン(マイクロコンピュータ)が搭載されるようになった。
乗用車は危険を察知したら、自動的にブレーキを掛ける様になったり、テレビでは部屋の明るさに合わせて、画面の明るさを自動的に調整したり、テレビを点けたまま観る人が居なくなったら、自動的に電源を落とすような製品も出てきているようだ。

これらは総て、現状を認識する「センサー」によって、瞬時に状況判断してコントロールされる仕組みになっている。
コンピュータは「賢い」のではなく、何回も何万回も同じ事を間違いなく瞬時に繰り返すことが出来るというのが最大の特徴である。
ところが、コンピュータのネックである「センサー」からの情報が狂うと、想定外の動きをするようになる。
いわゆる、誤動作とか暴走と言われる奴だ。

実は、このセンサーに誤った情報を与えることによって、想像以上の「いい仕事」をするものがある。
その代表的なものが、マイコン搭載型の電気炊飯器である。
炊飯器で御飯を炊く時、スイッチを入れる直前に冷蔵庫で造った「氷」を1個だけ、釜の(米の上)中央部に置くだけでふっくらとした、美味しい御飯が炊き上がるのである。

この考え方は、炊飯器の蓋の裏中央部に設置してある、温度センサーに「氷」の温度を感知させ、「冷たい」という情報を与えることによって、炊飯器のマイコンが「火力をあげなければアカン!」と認識して一気に火力をあげるから、ふっくらとした御飯になる....というものだ。

これは「研いだ米を冷蔵庫で冷やしておくと美味しく炊ける」というのと同じことだ。当然「ぬるま湯」で炊くと逆効果になることは言うまでもない。興味のある方は一度お試し下さい。 
但し、写真のようなマイコン搭載型の炊飯器でないと駄目ですよ!【K-正人】

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 21
22 24 25 26 27 28
29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード