忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】




『健康増進のために....』と思い立って、母親が借りてた畑をそのまま引き継いで4年間.....。試行錯誤を繰り返しながら、自分なりに野菜作りを楽しんできた。
そして野菜作りを通じて、色々なことを学ぶことが出来た。

キュウリや茄子、苦瓜などの野菜は、肥料や水分などの栄養分が不足すると、曲がり出して「カサカサ」になってしまう。
もちろん葉物野菜達は、その野菜の「色」の濃淡で窮状を訴えてきていた。
彼らなりに『SOS』を発しているように思えてきたものだった。

野菜達とは、まだまだ付き合うつもりだったのだが、持病の50肩(60肩?)と腰痛で断念せざるを得なくなった。
山鍬を振り上げると首に来て、草取りや種まき・苗の植え付けなどの中腰になると30分も持たなくなっていた。
そして精魂こめて作った野菜が収穫時期を迎える頃になると、情け容赦なく自分の物のように盗って行く『野菜泥棒』にも追い討ちを掛けれた格好になった。

そして日本中を震撼させた、3月11日の東日本大震災.......。
大地震で「くの字」に曲がる高層ビルのテレビ映像を見て、他山の石と受け止めて翌日から車庫の改修工事を始め、約3ヶ月費やしてしまった。

野菜作りを止めて返却する筈の70坪の畑は、この3ヶ月間で雑草が生い茂り草原状態になってしまった。
このまま返す訳にもいかず、草が枯れるのを待って草刈を始めて2週間....。
ようやく写真のような状態まで漕ぎ着けることが出来た。

本来なら、畑を耕して「土」が見える状態にしてから返すべきなのだろうが、鍬1本で耕す事は不可能なので地主さんにお願いして、このままの状態で引き取ってもらうことができた。

これで『やっと肩の荷が降りた!....』というのが実感である。
新米耕作員は、11月25日にその総ての任務を終えたのである。【K-正人】

 

PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 5
6 7 9 11 12
13 16 17 18 19
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード