忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】



【五百羅漢石仏】
去る3月14~15日、三重県菰野町の御在所岳の麓「湯の山温泉」に1泊2日の予定で出掛けた。土日祝日の高速料金「千円」の恩恵を受けようと思いたってのことである。我家からは伊勢湾岸自動車道~東名阪高速道路で1時間で到着してしまった。

この菰野町は御在所ロープウエイの他はこれと言って名所もなさそうだ。
秋の行楽シーズンには、紅葉狩りの観光客が詰め掛けて大変賑わうそうだが、オフシーズンの今は閑散としている。
 
12時半に菰野町・湯の山温泉に到着したが、旅館にはまだ入れそうもないのである。東名阪高速「四日市インター」を降りて、昼食のあと「道の駅」に立寄ってみた。観光案内のパンフレットによると、この近くに五百羅漢石仏があるというので行ってみることにした。
五百羅漢石仏は5~6キロ先の竹成・大日堂境内にあり、三重県の史跡に指定されているという。 

大日堂は文明13(1481)年作の大日如来像(県指定有形文化財)を本尊とする寺で現在本尊を納めた小さなお堂と、前庭築山の五百羅漢石仏が残るのみである。五百羅漢石仏は高さ約7~8mほどの山(盛土)をつくり、頂上に金剛界大日如来と四方仏を置いてある。

その周りに如来・菩薩・羅漢をはじめとした500体ほどの石像を安置したもので、七福神や天狗、猿田彦などもあり、大小様々な石仏・石神が林立する様は壮観で見応えがある。【観光パンフレットより・K-正人】
 
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9
14 15 16 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード