忍者ブログ
サキヒットベー♪
 このブログは、昭和36年3月に宮崎県小林市の中学校を卒業した、同級生146名の近況報告をはじめ、同級生同士の情報交換や同窓会開催連絡、昔の思い出などを語り合うためのものです。総ての記事は同級生からの投稿で運営していきます。ブログ記事の文字を大きく表示して見易い画面フォーマットに変更しました。パソコン画面を横に広げると、ブログ記事も横方向に広がり、1行当りの文字数が増えて読み易くなります。【平成27年3月23日】


【“おひさま”】
台風6号が太平洋沿岸に抜け去った21日、NHK朝ドラ「おひさま」のロケ地、安曇野を訪ねた。

透き通った冷たい湧水に育まれた大王ワサビ田のそばに建てられていたのが1枚目の写真である。
この建物は、現在の陽子(若尾文子)が蕎麦店を営んでいる「百日花」の建物であるが、表のデッキで、陽子が原口房子(斉藤由貴)に自分が辿ってきた過去を言い聞かせている場面を思い出される方もあるだろう。セットであるから当然裏側はすべて張りぼてであるが、それを見せないところが流石プロのカメラマンである。

2枚目はその建物の直ぐそばにある遮光ネットを張ったワサビ田である。そこの売店でワサビの入ったソフトを食べたが、あまりおいしいと言う食感はなかったものの、その広大さは圧巻であった。

3枚目は、たびたび登場する道祖神とかやぶき小屋。第2回放送に登場した道祖神祭りのシーンでは、現地スタッフ47名の方が協力参加したそうだ。そして第23回の兄弟3人がおにぎりを食べる場面に登場するなど、おひさまロケ地の代表的なスポットだそうだ。

4枚目は、安曇野から20数キロの地にそびえ建つ、国宝「松本城」である。過去にも一回見学したが、現存する日本最古の五重天守の風格ある景観をもう一度見たいと思って足を伸ばした。今回は幸いにも、現地のボランティアの人が無料で案内してくれたので、さらに認識を深めることが出来て嬉しく思った。

“おひさま”も9月で終わるそうだが、安曇野の田園風景をベースに展開されたわらぶき屋根や水車小屋が、自分が生まれ育った昔の田舎の原風景にオーバーラップして心癒されたひとときであった。
 
【追記】K-正人君、新米耕作員を止めたんだってね。
種まき(植え付け)から収穫までの過程をこまめに載せてくれていたから楽しみに読んでくれていた人も沢山いたのに残念です。
でも、社会情勢など時評をまじえて書いてくれるから、秀之君の残日録とともに大変興味深く読んでいます。【H23.7.26 埼玉・守夫】
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
- HOME -
Powered by      忍者ブログ | [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
画面編集変更(RSS)
来訪者数(カウンター)
過去の月別記事
最新コメント
[03/28 未記入]
[01/06 あゆみ]
[06/12 未記入]
[01/26 あゆみ]
[08/20 古賀秀之。]
ブログ内検索
バーコード